クラウド型セキュリティサービスのことを中心に、業務の煩雑化のことなども含めて書いてみました。

個人で利用するクラウドコンピューティング

クラウド型セキュリティサービス

クラウドの話題では必ずセキュリティ対策の話題が出てきますが、クラウド型のセキュリティサービスも、セキュリティ関係の企業では次々と生まれているようです。特に簡素化や人材をすぐに派遣しての対策や、セキュリティ上の防御強化などが、それぞれの企業で打ち出されていて、差別化をはかるように工夫されたりしています。その状況を見てみると、一般の企業では、あまりにも色々な技術がインターネット関係で生まれていて、それに対応したセキュリティ対策も立てていかなければならないということで、クラウドサービスで便利になっているはずが、セキュリティ関係の管理者が、対応しきれない状況になってきているという面もあるようです。クラウド型セキュリティサービスでは、それを如何に使いやすくするかということもセールスポイントになっています。

できるだけセキュリティ対策関係だけは、簡素化しシンプル化して、複雑なことを考えなくてもすむようにという考え方でシステムが構築されているということになります。本来コンピューターやインターネットは、便利になるということで導入したりしているので、それでシステムが複雑になることを防がなければならないということも、常に課題として存在すます。組織が大きくなればなるほど複雑になるのは当然で、それを僅かな人間で管理できるわけがなく、どうしてもシステムが必要になります。特にセキュリティ対策は具体的な被害に遭うということですから、できるだけわかりやすく操作しながら防御するということが重要になります。

おすすめ

Copyright (C)2017個人で利用するクラウドコンピューティング.All rights reserved.